最新のツイート:

*21

(元記事: copula (bibidebabidebooから))

(元記事: behance.net (scohから))

*74

ryanpanos:

Football Playground | Guinée et Potin Architects | Via

luchinon:

ハヤカワ五味さん(@hayakawagomi)という19歳の女子大生が作った、
胸が小さい女性の為の下着ブランド「feast」
(http://hayakawagomi.com/feast/ )
の下着を着てみました。

胸が小さい女性って、
他人が思う以上にコンプレックスを持ってるんですよ。
私もちょっと前までワイヤー入りのガチガチのブラで盛って武装してました。

でもコスプレを初めて、
最初はすごく抵抗あったけど露出のある写真を撮られて、
ちっぱいを晒したらそれをいいと言ってくれる人がいて。

そこから少しずつ、自分のおっぱいを受け入れられるようになりました。
なので、私が堂々とちっぱいを出す事で
勇気が出たりするちっぱい女子がいたらいいなぁって思うし、

こういう「ちっぱいって、いいよね!」
みたいな下着ブランドが出てくるのはすごく嬉しい、
応援したいです(●´ω`●)ゞ

(highlandvalleyから)

unknown999:

「小池里奈」+「WPB」(2014 No.39)

(makisukeから)

coromegane:

2014/9/6
最近の筆記具業界は、こぞって太さのバリエーションを増やしにきているわけだが、その流れがついにこれを生み出してくれた。パイロットの名品、Dr.Gripの0.9mmシャープである。
何を隠そう、私は1990年代にDr.Gripが発売されたときからの大ファンである。
当時より「筆記具はぜったい太い方が疲れないのに、世の中にある鉛筆やらペンやらは細すぎる!」と不満を抱えていた私にとって、Dr.Gripの登場はまさに我が意を得たりという感じ。小学生にとって500円のシャープペンシルは高価なシロモノだったが、お小遣いを握りしめて買いに走ったのだった。
そんなわけで、出会った当初小学生だったという事情もあり、私にとってDr.Gripは未だにボールペンというよりもシャープペンシルのイメージが強いのである。
初代Dr.Gripはかなり愛用して、受験勉強でもずっとお世話になったし、絵もいっぱい描いた。しかし、大人になるに従ってメモ用途はボールペンにとってかわられ、絵を描くときに使うシャープペンシルは0.5mmだと細すぎると感じるようになってきたために製図用へと移行して、次第に使わなくなってしまったのだ。
しかし!しかしである。ここにきて0.9mm芯が登場してくるというまさかの展開。大げさかもしれないが、私にとっては20年越しの恋が叶ったような状況である。
さっそく買い求めて、この軸をにぎにぎしているとよみがえってくる安心感。芯の太さを優先して製図用のシャープペンシルを使ってはいたものの、ペン軸の細さに対して実は潜在的に不満を抱いていたのだとしみじみ思い知らされる。
願わくば、人生でいちばん絵を描いていた腐女子時代に出会いたかったが、それは過ぎたる望みというものだろう。生きている間に巡り会うことのできた幸せに感謝しつつ、太軸&太芯での描き心地を存分に楽しもうと思うのである。パイロットさん、ありがとう。

coromegane:

2014/9/6

最近の筆記具業界は、こぞって太さのバリエーションを増やしにきているわけだが、その流れがついにこれを生み出してくれた。パイロットの名品、Dr.Gripの0.9mmシャープである。

何を隠そう、私は1990年代にDr.Gripが発売されたときからの大ファンである。

当時より「筆記具はぜったい太い方が疲れないのに、世の中にある鉛筆やらペンやらは細すぎる!」と不満を抱えていた私にとって、Dr.Gripの登場はまさに我が意を得たりという感じ。小学生にとって500円のシャープペンシルは高価なシロモノだったが、お小遣いを握りしめて買いに走ったのだった。

そんなわけで、出会った当初小学生だったという事情もあり、私にとってDr.Gripは未だにボールペンというよりもシャープペンシルのイメージが強いのである。

初代Dr.Gripはかなり愛用して、受験勉強でもずっとお世話になったし、絵もいっぱい描いた。しかし、大人になるに従ってメモ用途はボールペンにとってかわられ、絵を描くときに使うシャープペンシルは0.5mmだと細すぎると感じるようになってきたために製図用へと移行して、次第に使わなくなってしまったのだ。

しかし!しかしである。ここにきて0.9mm芯が登場してくるというまさかの展開。大げさかもしれないが、私にとっては20年越しの恋が叶ったような状況である。

さっそく買い求めて、この軸をにぎにぎしているとよみがえってくる安心感。芯の太さを優先して製図用のシャープペンシルを使ってはいたものの、ペン軸の細さに対して実は潜在的に不満を抱いていたのだとしみじみ思い知らされる。

願わくば、人生でいちばん絵を描いていた腐女子時代に出会いたかったが、それは過ぎたる望みというものだろう。生きている間に巡り会うことのできた幸せに感謝しつつ、太軸&太芯での描き心地を存分に楽しもうと思うのである。パイロットさん、ありがとう。

(kennakから)

*21

twinleaves:

The Cretto di Burri | For 91 Days in Palermo – Travel Blog

清太郎/seitaro on Twitter: “五十嵐太郎『被災地を歩きながら考えたこと』(みすず書房)読んで初めて知った、イタリアのCrettoというアートワーク。地震で壊滅した町をまるごと、Burriという彫刻家が、道路だけ残してセメントで覆っちゃった。記憶を保存する試み。 http://t.co/wvfgkjSw
https://twitter.com/seitr/status/168490435952648194

(otsuneから)

(inujitaから)

"東京都杉並区は、狭い路地に家が密集する地域が多く、空き巣多発地域として知られていました。00年に1353件だった空き巣被害は、01年に1485件、02年には1711件まで増加したのです。

そこで05年に空き巣に入られた100世帯を対象に調査を実施した結果、玄関先や庭先に
を飾っている家の被害は2軒しかないことがわかりました。

その調査結果から区は、人通りの少ない路地裏の花壇や
玄関先に草花を植えてもらおうと、花の苗や種を地域住民に配布。すると、07年の被害は過去最少の385件までに減少。08年も387件、人通りがまばらだった路地裏にも人の姿が見られるようになりました。

これの基になる話は、04年にNHK
「ご近所の底力」で放送していました。"

狙われる住宅 (via tsuyatsuya)

素晴らしい!

(via 15spd)

(kennakから)

"AppleWatchでrblgは出来るのか?話はそれからだ。"

https://twitter.com/uniqlosage/status/509408809488359425 (via uniqlosage)

(highlandvalleyから)

cross-connect:

Harikrishnan Panicker is a Denver based graphic designer / illustrator. He has a Masters degree in Design from the Industrial Design Center, IIT Bombay and then worked with MTV India where he was the Senior Designer / Supervising Producer and created designs for channels like MTV, Vh1 and NICK.

                            :-)

(bibidebabidebooから)